コラム|津島市 歯医者 歯科をお探しの方は【にしおわり中央歯科おやこ歯科】まで

時間
9:00~12:00
13:30~18:30

★:13:00~17:30
休診日:木・日・祝
※祝日のある週は木曜診療

〒496-0004
愛知県津島市蛭間町宮重457

  • 地図
  • メニュー

子どもの「口呼吸」は危険!歯並び悪化や感染症のリスクも

こんにちは。
 
津島市・あま市エリアで歯医者をお探しの皆さん、「にしおわり中央歯科おやこ歯科」です。
 
 
人が呼吸をする時の方法には、2種類あるのをご存知でしょうか?
 
1つ目は「鼻呼吸」、2つ目は「口呼吸」です。
 
人はどちらかの方法で呼吸をしているのですが、「子どもの口呼吸」には、悪い歯並びや感染症リスクを高めてしまう可能性があります。
 
 

口呼吸の恐ろしいデメリットとは?

口呼吸をすると口の中が乾燥し、唾液の量が減ってしまいます。
 
唾液には健康に役立つ素晴らしいパワーが秘められているため、減るとたいへんな影響があります。
 
まず、唾液の中にはカルシウムやリンという成分が含まれており、むし歯の予防をしてくれます。
 
他にも、口の中の細菌や食べカスを洗い流してくれる作用や、外から細菌の侵入をブロックする抗菌作用などを持っています。
 
その唾液が少なくなると、口の中で細菌が繁殖したり、ブロックできなかった細菌がからだの中に侵入したりして、風邪などの感染症を引き起こしやすくなります。
 
そして口呼吸がクセになると、口周りの筋肉が運動不足になります。
 
子どもの場合は顎の成長が遅くなるなどの悪影響が出て、永久歯が並ぶスペースが狭くなってしまい、その結果、歯並びが悪くなることがあるのです。
 
 

子どもの頃から鼻呼吸をする習慣を!

呼吸は無意識にしているものなので、子どもの頃から鼻呼吸を習慣づけることが大切です。
 
にしおわり中央歯科おやこ歯科では、顎の発達を妨げる悪いクセを解消する「MRC矯正」を行っております。
 
これは、お口周りの筋肉を理想的な状態にするための矯正で、将来、きれいな歯並び を目指すためにも役立ちます。
 
それ以外にも、鼻呼吸が身に付くことで 風邪をひきにくい 姿勢が良くなる など、全身の健康にも非常に良い影響がでてきます。
 
お子さまの成長に合わせて、楽しみながらトレーニングを行っていきましょう。
 
歯並びや呼吸で気になることがあれば、にしおわり中央歯科おやこ歯科へ、お気軽にご相談にお越しください。

MRC矯正についてもっと詳しく