当院の子どもと大人の診療|津島市 歯医者 歯科をお探しの方は【にしおわり中央歯科おやこ歯科】まで

時間
9:00~12:00
13:30~18:30

★:13:00~17:30
休診日:木・日・祝
※祝日のある週は木曜診療

〒496-0004
愛知県津島市蛭間町宮重457

  • 地図
  • メニュー

子どもの診療について

当院のこだわり

  • 1西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科歯医者さんだけど歯医者さんらしくない環境
  • 2西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科お子様用天井モニタ
  • 3西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科ファミリールームにておやごさんと一緒に診療

0歳から始めるこどもの予防歯科

子どものむし歯予防

西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

フッ素塗布

当院ではフッ化物を歯の表面に塗るむし歯予防を行っています。
フッ素にはむし歯菌の働きを弱める、歯の表面(エナメル質)からカルシウムやリンが溶けだす「脱灰」という状態から「再石灰化」を促す、さらに歯質を強化して酸に溶けにくい歯に修復する、などの効果があります。
生えたばかりの乳歯や永久歯はむし歯になりやすいため、むし歯予防の効果が高いフッ素塗布は、特にお子さまにおすすめしています。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

シーラント

特にむし歯になりやすい奥歯の溝などをレジンという素材で埋め、食べ物のかす・磨き残しの汚れ・細菌などの付着を防いでむし歯を予防する方法です。
シーラントで用いるレジンにはフッ素が含まれていますので、再石灰化作用も促進されむし歯予防効果がさらに高まります。
むし歯の発症リスクの高いお子さまの乳歯や永久歯に処置を行うことが有効です。シーラントについてのご質問などは当院までご相談ください。

子どもの矯正治療

こんなお悩みありませんか?
  • 歯並びが悪い
  • 大人の歯がなかなか生えてこない
  • 前歯が出ている(出っ歯)
  • 反対咬合(受け口)

当院では予防のための歯科矯正をおすすめしています!

西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

子どもの矯正メリット

歯並びの悪さは放置しておいて改善することはありません。大人になってから治療しようとすると抜歯を伴うことが多く、治療期間も長くなる傾向に。
しかし子どものうちは顎の成長を利用して治療でき、歯並びのほか出っ歯や受け口も改善することが可能です。
子どものうちに顎や口元のバランスを整え、正常な機能を回復することができれば、その後の成長・発育も良好なものとなります。そして良い歯並びはブラッシングを行いやすく、むし歯や歯肉炎の予防効果も高まります。
健やかな成長のため、子どものうちからの治療をおすすめします。

私たちと一緒にお子さまの予防習慣を身に付けていきましょう

西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

子どものうちから「予防」を意識して実践することで、適切な歯磨きをしっかりと習慣づけることができます。さらに歯科医院で自分のお口の状態を定期的にチェックすることの大切さも学べます。
保護者の方だけでお子さまの歯の健康を維持し、予防するのは大変だと思います。当院がいつもそばでお手伝いをいたしますので、どうぞお気軽にご来院ください。

大人の診療について

定期検診の重要性


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

定期検診について

歯は、お一人お一人異なる形状をしています。同じ症状の治療でも人によっては時間がかかり、保険が適用された治療費であっても高額になってしまうことも。
時間と費用の負担を軽くするには、定期的な検診が効果的です。
たとえば初期のむし歯や歯周病は自覚症状があまり現れないため、定期検診を受診していれば早期発見・早期治療が可能になり、治療にかかる時間や費用の削減につながります。
時間や費用を抑えるとともに、口腔内の健康寿命を延ばせる定期検診を受けましょう。
まずは当院までご相談ください。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

お口と全身疾患の関係

日本の成人の80%が発症しているといわれる歯周病。そして日本人が歯を失う原因の第1位でもあり、全体の4割弱を占めています。
歯ぐきの腫れや出血から始まり、症状が進行すると歯を支える骨まで溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまう病です。ところが初期段階で歯周病を自覚することは大変難しく、症状が悪化してから受診される方がほとんど。
さらに歯周病の原因菌は誤嚥性肺炎、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症などの全身疾患を発症・悪化させることがわかってきました。
健康な生活を送るため、症状がなくても定期的に検査を受けましょう。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

大人の予防

日本は先進国の中でもお口のケアについての意識があまりにも低すぎる、と国内はおろか海外からも指摘されています。高齢になれば歯は抜けるもの、と当然のように考える方が多いのはそうした低い意識の表れです。
同じような状況だったスウェーデンは、国を挙げて予防の意識を強化した結果、子どものころからお口のケアをすることは当たり前に。歯科医院での定期検診とケアは日常の習慣として社会に根付きました。その結果、70歳の平均残存歯は約21本、いまだ予防の意識が低い日本は約16本と大きな違いがみられます。ほんの少し意識を改善するだけで、健康な歯を守れます。まだ間に合います。今すぐ予防に取り組んでみませんか? 

西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)とは、歯の専門的な知識を持つ歯科医師や歯科衛生士などのプロが行う歯のクリーニングのことです。
専用の器具を用いて、30~60分ほどかけて徹底的に歯を洗浄。ツルツルに磨きます。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

ブラッシング指導

歯並び、歯の形、お口の状態は患者さまごとに異なるもの。また食事のタイミングなど、ライフスタイルもさまざまです。
そこで患者さまお一人お一人に適した歯磨きの方法をアドバイスいたします。
合わせて使用したほうがより効果的な補助グッズなども、詳しくわかりやすくお伝えします。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

歯周病は日本人の約8割が
かかっている病気です

  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉から出血したり蝕んだりする
  • 冷たいものや熱いものがしみる
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 口臭がある

上記の内容に1つでも当てはまるものがあれば歯周病の疑いがあります。

歯周病は約8割の方がかかっている感染症です。
しかし、インフルエンザのような一般的な感染症とは異なり痛みなどの自覚症状はほとんどなく、症状が現れたころには歯が抜け落ちる寸前のことがほとんどで、 日本人の歯を抜く原因の1位が歯周病です。
当院では歯周ポケット検査や歯石・歯垢の除去だけでなく、位相差顕微鏡を使用して患者様のお口の中に潜む細菌やカビの量や種類を調べ、 必要に応じて投薬によって殺菌します。
むし歯治療を希望される方に関しても、まずはこちらの検査を行なっております。
むし治療により出血した際に細菌が体の中に侵入し全身に悪影響を与える可能性がありますので、まずはお口の中の細菌の種類や量をコントロールしてから治療に取り掛かっています。

位相差顕微鏡による細菌検査の流れ

西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

STEP1、検査

お口の中にあるプラーク(歯石)を少量取出し、細菌の観察を行います。
歯石を取り出すことに関しては痛みも時間もかかりません。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

STEP2、状態の説明

治療台の目の前にあるモニターに細菌の様子を映し出し、細菌の量や種類、性質等について実際に見ていただきながらご説明いたします。
また、お口の中のカビを減らすための歯磨き粉をご紹介させていただいておりますので、ご希望に合わせてご使用ください。


西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科

STEP3、状態の説明

治療台の目の前にあるモニターに細菌の様子を映し出し、細菌の量や種類、性質等について実際に見ていただきながらご説明いたします。
また、お口の中のカビを減らすための歯磨き粉をご紹介させていただいておりますので、ご希望に合わせてご使用ください。

年齢別の健康への関心について

下記は60歳未満と70歳以上の健康への関心についてのアンケート結果です。
70歳以上ですと、1位が歯の定期健診についてとなっております。
歯科健診を怠ると全身疾患を及ぼす可能性がありますので、早めに予防を行い、いつまでも健康な身体で生活できるようにしましょう!

60歳未満 対 70歳以上

健康への後悔は変化します

55~59歳

  1. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科スポーツなどで体を鍛えればよかった
  2. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科日頃からよく歩けばよかった
  3. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科歯の定期検診を受ければよかった
  4. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった
  5. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科肌の手入れをすればよかった

50代後半早い人では歯を何本か失う人もいます。そのため、「歯の定期検診を受ければよかった」が3位となっています。1位・2位には「体を鍛えればよかった」「よく歩けばよかった」といった全身の健康に関する声がありますが、全身疾患を防ぐためには歯の健康を守ることも重要です。

70~74歳

  1. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科歯の定期検診を受ければよかった
  2. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科日頃からよく歩けばよかった
  3. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科スポーツなどで体を鍛えればよかった
  4. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科なんでも相談できる医師を見つけておけばよかった
  5. 西尾張中央道沿い・にしおわり中央歯科おやこ歯科地域の福祉サービスについて学んでおけばよかった

歯について後悔する声がさらに多くなる年代です。70代以降から歯さらに歯を失ったり、歯に違和感や異常を感じる人が増えていきます。運動も大切ですが、歯周病による全身の健康への影響を考えると、早めに歯の予防に取り組むのがおすすめです。ぜひ一度当院までご相談ください。

出典:gooリサーチとプレジデント編集部の共同調査により、「人生の振り返り」に関するアンケート 2012.9.25~27 55~74歳の男女1060名の回答より