コラム|津島市 歯医者 歯科をお探しの方は【にしおわり中央歯科おやこ歯科】まで

時間
9:00~12:00
13:30~18:30

★:13:00~17:30
休診日:木・日・祝
※祝日のある週は木曜診療

〒496-0004
愛知県津島市蛭間町宮重457

  • 地図
  • メニュー

将来の顔つきや表情を整えるために役立つ「こども矯正」

こんにちは。
 
津島市・あま市エリアで歯医者をお探しの皆さん、「にしおわり中央歯科おやこ歯科」です。
 
 
みなさんは、子どもの歯の矯正について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
 
「矯正」といえば「歯並びをよくするため」とイメージする人が多いとは思いますが、実は、歯の矯正の効果は、それだけではないのです。
 
子どもの成長期に矯正をすると、発育にも大きく関わります。
 
つまり、歯並びはもちろん、「将来の顔つきや表情」までも影響を与えることがわかっています。
 
さらに、健康的な身体作りにも役立っていくのですが、どういうことなのか、気になりませんか?
 
そこで今回は、「こども矯正」がもたらす、子どもの将来へのメリットについてお話ししていきたいと思います。
 
 

お口の周りの筋肉を上手に使えている?チェックしてみましょう

お子さまの日常で、以下に心当たりのある保護者さまはいらっしゃるでしょうか?
 
まずは、一緒にチェックしてみましょう。
 
・いびきをかきやすい
・風邪をひきやすい
・口臭がひどい
・猫背になっている
・口元が左右どちらかに歪んでいる
・口角がへの字に下がっている
・横から見ると顎がないように見える
・目付きがよくない
・発音がよくない
・基本的にポカンと口が開いている
 
これらは、お口の周りの筋肉を使う量が減ってしまうことで、起こってくる症状です。
 
お口がポカンと開いていると、「口呼吸」をしている可能性があります。
 
正しい呼吸の仕方は、鼻呼吸です。
 
「息ができているなら、どっちでもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、口呼吸をすることで酸素が直接、脳に届きにくくなります。
 
それによって、集中力が続かないといった様々な影響が出てきます。
 
また、口から息を吸うと空気中のウイルスなどが体内に侵入しやすくなり、風邪をひきやすい、病気になりやすい、といった健康上のトラブルにもつながります。
 
口が開いていると乾燥しやすいので、口臭を誘発しやすいのも問題です。
 
猫背になっていると口呼吸になりやすいため、お子さまの姿勢にも気を付けてあげてください。
 
できたら一度、保護者の方も同じように猫背になって呼吸してみてください。
 
いかがでしょう?前傾姿勢は胸を圧迫してしまいますから、口呼吸になってしまいがちですね。
 
では、姿勢を正して鼻呼吸をしてみてください。口呼吸より、鼻から息を吸ったほうが、たくさん酸素が入ってくると思いませんか?
 
このように、よくないクセや習慣を無意識に長く続けていくと、さまざまな部分でお子さまの健康や発育に悪影響を与えてしまうことがわかっています。
 
 

当院が考える「こども矯正」で健やかな発育を

正しい呼吸の仕方である鼻呼吸に改善すると、口周りの筋肉をしっかりと使えるようになります。
 
身体の筋肉トレーニングをイメージしてもらえれば分かりやすいですが、トレーニングをすることで筋肉がついて引き締まって見えます。
 
これは、お口にも同じことがいえて、口周りの筋肉が発達すると「顔つき」が引き締まって見え、あごがしっかりと整い、口角がキュッとあがり、目元がすっきりします。
 
小さい子どものころから正しい呼吸の仕方「鼻呼吸」をすることで、舌の位置や飲み込む力が正しくなり、本来の顔の筋肉の使い方ができるようになるのです。
 
また、「こども矯正」では成長期に矯正を行いますので、あごの成長がスムーズになります。
 
そうすると、歯が並ぶスペースが発育の過程でしっかりとれますので歯並びがよくなり、顔の表情や見た目にもいい影響がでてきます。
 
 
にしおわり中央歯科おやこ歯科では、「MRC矯正」というお子さまの成長を生かし楽しみながらトレーニングできる治療を導入しております。お気軽にご相談ください。
 
 

こども矯正についてもっと詳しく